記録は大事。生きる糧になるからね.doc

結婚を機に書きつづる日々の記録。日常、レビュー、ごはんなど!

婦人科に行かねば!@子宮頸がん検診

f:id:shikix:20170706214336j:image

お昼に食べたパスタ...塩入れ忘れたのかしょっぱさが0でモニョモニョした謎の味がしました...残念(>_<)

 

さて、婦人科の話!

先日友人が卵巣嚢胞破裂で入院した事(http://sawatari.hatenadiary.jp/entry/2017/06/17/193313)と、小林麻央ちゃんが乳がんで亡くなった事がきっかけとなり早速仕事の合間を縫って婦人科に行く事にしました!

(小林麻央ちゃん。ブログはちょこちょこ確認していたし年齢も近いため勝手に親近感を抱いており、心のどこかで奇跡の回復を果たしてまたテレビで元気な姿を観れるのだろうなと思っていたので、悲しい結果になってしまい本当残念でした。。ご冥福をお祈りするとともに、麻央ちゃんが伝えてくれた健康である事の大切さを忘れないようにしたいと思います。)

婦人科へ行く理由は生理異常。以前ブログでも書いたのですが30超えたあたりから生理痛が本当にキツくなり、つい最近の生理でもあまりの痛さに2時間ほどのたうち回って一緒に住み始めた彼にドン引きされました......(-_-;)以前、絶対これは原因があるはず...と、思って病院行った事があるのですがその時は特に異常なし、ストレスなどが原因とされたんですが今回はどうなるかな。

行った病院は六本木ヒルズクリニック。

ここの女医先生はとても親身に話を聞いてくれるし説明もしっかりしてくれるし、内診などの処置も早くて個人的にすごく信頼しています*(^o^)/*

生理痛の症状を伝えると子宮内膜症やがんの可能性もあるからとりあえずエコー検査と子宮頚がん検診をしましょうとの事。リアルな病名を上げられると、可能性ではあってもやっぱり不安になりますね...(>_<)

そして婦人科特有の足がだんだん開いて行く診察台は何度乗っても恥ずかしいですねw痔の治療も同じ様な診察台なのだろうか。

子宮頚がん検診は子宮の入り口の細胞を採取する必要があるのですが、この検査お医者さんによってはメッチャ痛いんですよね(>_<)子宮口を開く機械を入れてググッと開かれる瞬間いつも背中が反ってしまいます。。私が担当してくれた先生はとても上手なので、そこまで痛くもなく血も出ないのですが、数年前健康診断で行った検診は激痛&出血&大悶絶だったので、それのトラウマがなかなか抜けないため毎度緊張しますwちなみに子宮頚がん検診は息を履いてお腹の力を抜くとだいぶ痛みは抑えられるらしい。人によりけりかもですが(^_^;)

エコー検査では子宮筋腫が大きくなってしまってるのと、子宮内にポリープが出来てる事が分かりました。子宮内ポリープはほとんどの人が良性らしいですが、悪性(ガン)の可能性も否めないので子宮体がん検診をする事に。今回やった子宮頚がん検診は子宮の入り口あたりの検査、子宮体がん検診は子宮内まで棒を入れて子宮内部の細胞を取る検査との事で、ちょっと痛いらしい...。説明聞いただけでゾッとするんですがwとりあえず、子宮体がん検診は次回!それまでに色々しらべてみよう!

ちなみに生理痛の件はピルの使用をお勧めされました。身体に合わないと吐き気がしたり、血栓ができる可能性もあるとの事なので使うかどうか悩み中。痛みが軽減されるならやるべきかなぁ。